(独)日本学術振興会
マイクロビームアナリシス第141委員会 公式ホームページ

最終更新日時:2017年8月23日、14:35:52
アクセス数(2007年7月以降): 13093

本ページは、Internet Explorer 9以降 あるいは Safari 5以降 で最適に表示されるよう、デザインされています。

上のリンクボタンのうち、下段の3つの専用ページの閲覧には、それぞれ専用のIDとパスワードが必要です。

本サイトの全てのコンテンツは暗号化通信されます。 サーバ証明書には国立情報学研究所の電子証明書発行サービスを用いておりますので、サーバ証明書に関わる警告が表示される際は詐欺サイトの可能性を疑ってください。


アナウンス

現在公開されているアナウンスは1件です。
♠ ALC'17開催のお知らせ
学振第141委員会委員各位

 日本学術振興会「マイクロビームアナリシス 第141委員会」が主催する、第11回新材料とデバイスの原子レベルキャラクタリゼーションに関する国際シンポジウム(ALC '17)を米国ハワイ州カウワイ島にて2017年12月に開催いたします。本国際シンポジウムは第141委員会が2年に一度開催しており、21世紀の新しい材料やデバイス開発に不可欠となる原子レベル評価が可能な装置開発ならびにそれらを応用した最新の研究成果の報告や情報交換を目的としています。金属・半導体から医学・生物まで幅広い領域の研究開発に関するセッションが予定されています。
皆様におかれましては、ぜひとも参加を御検討していただきますようお願いいたします。

11th International Symposium on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devices ’17 (ALC ’17)の開催概要
期間:2017年12月3日(日)~8日(金)(6日間)
場所:Aqua Kauai Beach Resort (米国ハワイ州カウワイ島)
発表方法:口頭発表・ポスター発表ともに英語
参加費 一般: 50,000円(Early Registration 9/22まで)・60,000円(Late Registration 9/23以降)
学生: 25,000円(Early Registration)・30,000円(Late Registration)
問合せ先:白木 將 (メールアドレス:alc17@jsps141.surf.nuqe.nagoya-u.ac.jp)

詳細につきましては、下記のWebサイトをご参照下さい。
また発表申込、参加登録も本サイトよりお願いいたします。
https://alc.surf.nuqe.nagoya-u.ac.jp/alc17/

組織委員会委員長 齋藤 弥八
実行委員長 松尾 二郎
(掲載:2017年8月4日、掲載期限:2017年12月9日、掲載者:早坂孝宏)

第141委員会及び本webサイトに関するご質問、ご意見は こちらのフォーム からお送りください。

JSPS Logo
The 141th Committee on Microbeam Analysis of Japan Society for the Promotion of Science
学振産学協力総合研究委員会一覧へ